平塚市K様邸 外壁塗装 シーリング打ち替え工事


皆さんこんにちは(^▽^)/
本日は、平塚市K様邸 外壁塗装 下地処理の様子をお伝えいたします。
外壁塗装を長持ちさせる為に洗浄、下地補修などを行います。
ベースをキレイに洗って傷みを丁寧に補修することで、塗料の機能が発揮できます!
シーリング材の打ち替えとは...建物の防水性や気密性を保持するために、継ぎ目や隙間に充填する材料。
10年も経つと劣化したシーリングがヒビ割れてくる。劣化の目安は隙間ができていたり、押さえてみて弾力のない状態である時に打ち替えをお勧めします。

DSC_0335.JPG 2021_01_19_13_08_24_190_4.jpg 2021_01_20_17_30_14_013_3.jpg
既存のシーリング(コーキング)の状態です。
劣化によるひび割れが見えます。
このまま放置してしまうと、雨水が建物内に入り込み建物全体に悪影響を与えます。
バイオ高圧洗浄で汚れを洗い流す。
しっかり汚れを落とすことで、塗料の機能が発揮し長期にわたり美観が保たれます。
既存のシーリング(コーキング)を丁寧に切り取り撤去していきます。

2021_01_20_17_30_14_053_11.jpg 2021_01_21_17_24_52_250_8.jpg 2021_01_21_17_24_52_252_9.jpg
シーリング(コーキング)を除去した状態です。 シーリング(コーキング)を充填する部分に沿って養生テープを張りプライマーを塗布していきます。
プライマーは、シーリングの密着性を高める役割をします。
シーリング材を充填します。

2021_01_21_17_24_52_255_10.jpg 2021_01_21_17_24_52_276_18.jpg
ヘラで押さえながら仕上げていきます。 養生テープをはがして施工終了です。

下地補修が終わると、いよいよ塗装のスタートです!
引き続き、安全、丁寧に工事を進めて参ります。



屋根カバー工法・棟板金交換工事


皆さんこんにちは(^▽^)/
本日は屋根カバー工法、棟板金交換工事の様子をお伝えします。
屋根にも寿命があります...一般的にスレート屋根の寿命は20~30年と言われております。
しかし何もせずに20~30年持つかというとそうではありません。
屋根や棟など、傷みが始まるのは5~7年からと言います。
寿命を縮めないためには定期的な(塗装)が必要です。
ですが、割れや剥がれなどが見える場合は塗装はできません。
色褪せや、カビ・コケ、割れなどその他劣化の症状が見られたら早期の屋根工事をお勧めします。

ご自宅の屋根状態が心配な方は、お気軽にご相談下さい。
DSC_0062.JPG 2021_01_09_19_07_31_809_2.jpg 2021_01_09_19_07_31_839_7.jpg
既存の屋根状態です。
色褪せやカビ・コケ、割れなどが見えます。
傷みがある棟板金、腐食している貫板を全て撤去します。
新しいルーフィング(防水紙)張ります。

2021_01_09_19_07_31_852_10.jpg 2021_01_12_17_17_49_251_3.jpg 2021_01_12_17_17_49_254_7.jpg
新しい屋根材を張ります。 新しい貫板を設置し、棟板金で被せます。
釘の浮き防止に、コーティングします。
屋根カバー工法が完工しました♫
これで、雨漏りの心配が無くなりました。



平塚市A様邸 瓦屋根雨漏り修繕工事・バルコニー防水工事


皆さんこんにちは(^▽^)/
本日は、平塚市A様邸 瓦屋根雨漏り修繕、バルコニー防水工事の様子をお伝えします!
室内の壁に雨染みが見え始め、雨漏りのご相談を賜りました。
屋根診断の結果、瓦屋根の漆喰に傷みがあり、そこから雨が侵入し雨染みができたのでないかとお伝えし部分修繕に取り掛かりました。
漆喰にヒビ、欠けなどが見えたら詰め直し作業など早期修繕する事をお勧めします。
2020_10_06_13_54_12_488_3.jpg 2020_10_06_13_54_12_488_4.jpg 2020_10_06_13_54_12_494_16.jpg
劣化によりのし瓦、漆喰の剥がれあり。
まずは、古い漆喰を丁寧に剥がしていきます。
漆喰の剥がれは隙間から雨水が侵入し、腐敗の原因になります。 室内に雨染み発見!
このまま放置しては、家屋の劣化を速めてしまいます。

漆喰詰め直し作業

2020_12_18_18_57_20_826_18 (1).jpg 2020_12_18_18_57_20_827_20.jpg 2020_12_18_16_23_10_950_5.jpg
新しく漆喰を詰めていきます。 漆喰詰め直し作業 施行後
塗装により室内の雨染みが綺麗になり明るくなりました♫

バルコニー防水工事

DSC_0108.JPG 2020_12_16_16_33_13_343_8.jpg 2020_12_23_11_52_07_237_4.jpg
施行前のバルコニーの様子
劣化による、汚れ、雨染み、コケなどで傷みが見えます。
手塗りローラー三回工法で仕上げます。 塗装したことで防水機能が復活しました!
見た目も綺麗になりました♫

2020_12_15_16_36_13_656_0.jpg 2020_12_16_16_33_13_369_13.jpg 2020_12_16_16_33_13_339_7.jpg
バイオ高圧洗浄で汚れを落としても、細かい箇所は更にケレン作業で丁寧にお落としていきます。 しっかりと下地処理を行った後は、手塗りローラー三回工法で塗布していきます。 バルコニーと同様に明るく綺麗になりました♫


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ガイソー 平塚 外装リフォーム
  • 平塚 ガイソー 外装リフォームその他にも豊富な施工事例があります
平塚 ガイソー 外装リフォーム 屋根修理メニューキャンペーン
  • 外装リフォーム 平塚 ガイソー 雨漏り修理
  • ガイソー 外装リフォーム 平塚 瓦修理
  • ガイソー 平塚 外装リフォーム 雪止め設置
  • 平塚 外装リフォーム ガイソー 雨樋修理
おすすめの商材
採用情報
  • 外装リフォーム ガイソー 平塚 外壁屋根診断
  • 平塚 ガイソー 外装リフォーム 雨漏り診断
  • 外装リフォーム ガイソー 平塚 外壁屋根診断
  • 平塚 ガイソー 外装リフォーム 雨漏り診断